トップページ

ジュニアハム DX QSO プロジェクト


>>>>>プロジェクトの趣旨<<<<<<

  • 現在学生向けアマチュア無線関連の取り組みとしては国際宇宙ステーション(ISS)と交信する”ARISSスクールコンタクト”が有名です。
  しかしARISSはアマチュア無線という点はあまり重視されず、免許が無い小学生達が宇宙飛行士と直接会話をするというのが主目的の取り組みです。
  ARISS以外の”アマチュア無線を主とした”学生向きの取り組みの一つとして、資格を持った子たちが主役となれる場を提供出来れば良いなと言うのがこのプロジェクトの趣旨です。

  • 今はD-STARやWiresXなど無線とVoIPを組み合わせた方法でハンディ機でも海外と話をする事は可能です。
  小規模な設備しか扱えない多くのジュニアハム達からすれば、ハンディ機で全国、全世界と交信できるというのは画期的な事だと思います。
  しかし、話をするだけでは他のツール(LineやSkype等のVoIPツール)に勝る点はほぼ無く、無線を趣味として続けるには至り難いように思います。
  無線の面白さ楽しみ方は多種多様ですが、その中でもHFでの海外との交信と言うのは学生の間は経済的・社会的な問題から個人レベルでは中々実現しにくいジャンルだと思います。
  ですが、HFによる長距離通信はアマチュア無線の原点の一つであり、伝播の研究やアンテナ・送受信機・付加装置等の研究など様々なジャンルに興味を持つ切欠にもなるのではないかと思います。
  また自分が送信した電波が直接数千~一万㎞以上も遠くへ届き通信が出来るというのは達成感も得られると思いますし、VoIPによる通信とは一味違う感動が有るように思います。
  
  このプロジェクトに参加した子がDXに興味を持つかは判りませんが、個人レベルでは中々実現出来ない事だからこそ、実際にチャンスを作り自分で体験して欲しいと思います。
  その結果、自分の興味の方向とは違うとなるかも知れませんが、一度でもやってみたいと思う子にチャンスを作る事が出来ると良いなと思っております。
  

現在進行中の企画




過去の企画





  • 第1回 ジュニアハム向け、在EU各国の日本人OPによるスケジュールQSOのレポートがCQ誌2012年6月号P82~86に渡って紹介されています。
  各地からの参加レポート等ありますので是非ご覧下さい

リンク







  • 最終更新:2015-06-23 20:31:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード